よくある問題と解決方法

不用品を回収するとなると、場合によっては高額なものを手放すことになるでしょうし、金額に納得できない、取引を止めたいと思うこともあるでしょう。もちろん無料査定という場合は問題ありませんが、それでも業者の側からすると、実際に査定などをした場合には人件費や交通費も発生しています。お互いにとって納得できる解決方法に落ち着くのが良いと言えるでしょう。

回収の際に、値段に関してのよくあると言われている話し合いやトラブルに関しては、「もっと値段を上げて欲しいという要望がくる」「査定が終わってからキャンセルの申し出がある」というところだと言われています。買い取り金額に関しては、お客さんの立場からしたら少しでも高く売りたいと思っているのでよくある交渉と言えます。しかし一方的に無理だということを言っても、買い取り自体をキャンセルされてしまうことがあるので難しいです。

方法としては、お客さんの提示した金額と初めの金額の間を上手く取るという方法です。ですが、提示された金額によっては幅が出やすくなってしまうことと、言えば上げてもらえると認識されてはきりがなくなってしまうという場合もあるので、上手く断った方が無難と言えるかもしれません。相場価格を提示して、金額が上げられないという理由を納得してもらう方法が最も無難と言えるでしょう。

次に、実際に査定が終わってからキャンセルされてしまうというパターンです。当然お客さんの立場からしたら断わる権利もありますので、ここで無理強いをすることはできません。しかし人件費や交通費も掛かっていることも多いので、遠方の場合などは初めに提示をした上で、掛かった経費だけを請求するというのも手かもしれません。