古物の区分

不用品回収を行う時には、古物商の許可を得なくてはいけません。古物は全部で13種類に分かれており、美術品類、衣類、時計・宝飾品類、自動車、機械工具、道具類、書籍など、それぞれ違った材質などを指しています。全ての許可を得る必要はなく、自分の必要とするものだけで構いません。例えば古着の扱いをしたいという場合は、洋服が該当する衣類、バッグを取り扱うための皮革系、ネックレスなどのアクセサリ系として道具類、と言ったように、自分が取り扱うものを確認しましょう。ただし、全て取得するとなると大きな店となることが多く、不必要な許可を取った場合はもしも盗品があった場合に警察が来てしまう場合もある場合もあるそうで、要らない手間が増えてしまうことも多いようです。

まずは警察に、事業相計画を持って相談しにいくのが良いと言われているそうです。これは出店しようと思っている地域の管轄の警察署です。どの許可を取れば良いのかも含めて、必要書類なども確認できます。場合によっては古物許可が必要ないということもあるそうです。また、営業所がそれらの条件をしっかり満たしているかの確認もできます。実際に手続きを進めていってからやはり許可が出せないとなってしまっては困りますので、初めの段階で問題がないように確認しましょう。具体的には、自分が店として使用する場所の賃貸契約書、細かい間取り図を持って行けば、許可が取れるかどうか教えてもらえるようです。書類については、警察署のホームページでも確認できるようです。1から質問するとなると時間も無駄に掛かってしまいますので、前もってホームページを確認し、何が疑問点なのかをはっきりさせておく必要があるでしょう。